お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

はじめに

従来の紙ベースの設備管理では、修理や点検管理に多くの課題がありました。例えば、以下の様な問題点があります。

・情報へのアクセスが困難
・情報の更新が遅れる
・ミスが発生しやすい
・データ分析が難しい

これらの問題点を解決するために、設備管理をデジタル化することで、修理や点検管理が簡単になります。

設備管理のデジタル化によるメリット

設備管理をデジタル化することで、以下の様なメリットがあります。

1. 情報管理の効率化

紙ベースの台帳とは異なり、設備情報すべてをシステム上で管理できます。必要な情報をすぐに検索できるため、情報管理の効率が大幅に向上します。

2. 設備状況の可視化

設備稼働状況や保守履歴などをリアルタイムで把握できます。設備の状態を可視化することで、故障の予兆を察知し、予防保全を徹底できます。

3. データ分析による改善

設備稼働データや保守履歴データを分析することで、設備の運用状況を改善できます。設備の効率的な運用やコスト削減に役立ちます。

4. 作業時間の削減

設備情報の検索、点検記録、報告書作成などの作業時間を大幅に削減できます。業務効率化による人材育成やコスト削減に貢献します。

5. コンプライアンスの強化

設備管理に関する法令遵守を容易にします。設備点検や保守履歴などの記録をデジタルデータとして保存できるため、監査にも対応できます。

6. 設備管理の標準化

設備管理の標準化により、作業の品質向上と属人化の解消を実現できます。

7. リスクの低減

設備故障による生産停止や事故のリスクを低減できます。予防保全の徹底により、設備の安定稼働を実現します。

8. 修理や点検管理の効率化

設備管理システムを導入することで、修理や点検管理も簡単になります。

・設備情報の管理:設備の型番、設置場所、保守履歴などを一元管理することで、必要な情報にすぐにアクセスできます。

・点検スケジュールの管理:点検予定日の登録を行い、それに合わせて通知を受け取ることができます。

・修理履歴の管理:修理履歴を記録することで、設備の故障頻度や修理コストを分析できます。

備品管理クラウドの活用

備品管理クラウドでは設備の修理・点検管理を行うことができます。

修理情報や修理業者の登録、点検予定日の登録や通知、修理・点検における該当資産の保守契約情報を把握することができます。

効率的な設備管理のためにぜひ、備品管理クラウドの導入を検討してみてください!

まとめ

設備管理をデジタル化することで、修理や点検管理を簡単にすることができます。

設備管理システムやクラウドサービスを活用することで、設備管理の効率化、情報管理の強化、コスト削減、リスク低減など、多くのメリットを得られます。

設備管理の課題解決と業務効率化を実現するために、ぜひ設備管理のデジタル化を検討してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。