お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

導入

総務部門では、オフィス内の備品や什器の管理が重要な業務の一つです。しかし、手作業での管理や情報の不備によって、業務が煩雑になることがあります。本記事では、総務の業務を効率化し、什器管理を改善する方法について解説します。

1. 什器管理の重要性

1-1. オフィス内環境の整備

什器は、オフィス内の環境整備に重要な役割を果たします。デスク、チェア、書棚などの適切な配置やメンテナンスが行われることで、従業員の快適な作業環境を提供することができます。

1-2. 資産保護

什器は企業の資産の一部であり、適切な管理が必要です。正確な台帳管理や定期的なメンテナンスにより、什器の寿命を延ばし、資産価値を保護します。

1-3. 安全管理

不適切な什器の使用や設置は、事故や怪我のリスクを引き起こす可能性があります。適切な安全管理を行うことで、従業員の安全を確保し、労働災害のリスクを低減します。

2. 什器管理の改善方法

2-1. デジタル化

什器管理を手作業からデジタル化することで、業務の効率化が図れます。備品管理システムを導入し、什器の台帳管理や貸出し管理をデジタルで行うことで、情報の一元管理が可能となります。

2-2. バーコード/QRコードの活用

什器にバーコードやQRコードを付与し、スキャンによって情報を素早く取得することができます。これにより、什器の貸出しや返却の手続きが効率化されます。

2-3. 貸出し手続きのスムーズ化

従業員が什器を貸出しする際の手続きをスムーズにすることが重要です。貸出し申請をオンライン化し、承認プロセスを自動化することで、貸出しの手続き時間を短縮し、業務の効率化が図れます。

2-4. 定期的なメンテナンス

什器の定期的なメンテナンスを行うことで、寿命を延ばし、安全性を確保します。メンテナンス作業や点検のスケジュールを事前に設定し、適切な管理を行いましょう。

3. 事例紹介

3-1. 企業A

企業Aでは、什器管理を手作業からデジタル化することで、業務効率が向上しました。備品管理システムの導入により、什器の台帳管理や貸出し手続きがスムーズに行われるようになりました。

3-2. 企業B

企業Bでは、バーコードを活用した什器管理システムを導入しました。バーコードによるスキャン機能を利用することで、什器の貸出し管理が効率化され、貸出し手続きの煩雑さが軽減されました。

結論

総務の業務を効率化し、什器管理を改善するためには、デジタル化やバーコードの活用などの方法が有効です。適切な什器管理を行うことで、オフィス内環境の整備や資産の保護が確保され、業務効率が向上します。

お気軽にお問い合わせください。