お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

はじめに

企業にとって、固定資産は重要な財務資源の一つです。固定資産を適切に管理することは、企業の財務状況の健全性を維持するために不可欠です。

固定資産とは?

固定資産とは、企業が長期間にわたって使用し、その価値が時間の経過とともに減少していく資産のことを指します。具体的には、土地、建物、機械装置、車両、工具などが固定資産に該当します。

固定資産管理の重要性

固定資産管理は、以下の理由から重要です。

財務状況の把握

固定資産は、企業の貸借対照表に計上される重要な資産です。固定資産を適切に管理することで、企業の財務状況を正確に把握することができます。

投資効率の向上

固定資産は、企業にとって大きな投資となります。固定資産を適切に管理することで、投資効率を向上させることができます。

リスクの低減

固定資産は、災害や盗難などのリスクにさらされています。固定資産を適切に管理することで、これらのリスクを低減することができます。

固定資産管理の方法

固定資産管理には、以下の方法があります。

台帳の作成

固定資産の種類、数量、購入日、取得価額、残存価額、減価償却費などの情報を台帳にまとめることで、固定資産の全体像を把握しやすくなります。

棚卸

定期的に棚卸を行うことで、台帳の情報と実際の固定資産の状態を一致させることができます。棚卸は、年に1回程度行うのが一般的です。

減価償却

固定資産の価値は、時間の経過とともに減少していきます。減価償却は、この価値減少を費用として計上する会計処理です。

資産管理システムの導入

近年では、固定資産管理システムを導入することで、効率的な資産管理を実現することができます。資産管理システムは、台帳の作成、棚卸、減価償却などの機能を提供します。

備品管理クラウドの活用

備品管理クラウドでは、同じアイテムに対して目的の異なる備品管理と償却資産管理を同時に行うことができます。
総務担当者、経理担当者、顧問税理士など、償却資産管理にかかわる人が情報を共有できるので、めんどうなやりとりを減らせます。
また、税務申告に必要な固定資産管理ソフトの連携も可能なため、償却資産管理をスムーズに行えます。

まとめ

固定資産管理は、企業にとって重要な業務です。今回ご紹介した方法を参考に、ぜひ固定資産を適切に管理し、企業の財務状況の健全性を維持してください。

お気軽にお問い合わせください。