お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

備品管理ラベルとは?

オフィスや工場などの事業所には、さまざまな備品が使用されています。これらの備品を適切に管理するためには、備品管理ラベルの作成が欠かせません。

備品管理ラベルとは、備品名や管理番号など、その備品に関する情報を記載したラベルのことです。備品にラベリングすることで、備品の情報を一目で確認できるようになり、備品管理を効率化することができます。

備品管理ラベルの作成方法

備品管理ラベルは、市販の備品管理ラベルを活用するのが一般的です。市販の備品管理ラベルには、備品の情報が記載されたテンプレートが用意されているので、手軽に作成することができます。

また、自作の備品管理ラベルを作成することも可能です。自作の備品管理ラベルを作成する場合は、以下のような情報を記載するようにしましょう。

・備品名
・管理番号
・購入日
・管理部門

備品管理ラベルの重要性

備品管理ラベルには、以下の3つのメリットがあります。

業務効率化

備品管理ラベルを作成することで、備品の情報を一目で確認できるようになるため、必要な備品を必要なときにすぐに取り出すことができます。また、備品の紛失や故障による業務の遅延を防ぐこともできます。

コスト削減

備品管理ラベルを作成することで、備品の数量や状態を把握しやすくなり、過剰在庫や二重発注を防ぐことができます。また、修理や交換のタイミングをしっかりと把握できるようになり、故障や破損による損害を未然に防ぐこともできます。

セキュリティ対策

備品管理ラベルを作成することで、備品の棚卸が正確に行えます。これにより、備品の紛失や盗難のリスクを軽減することができます。

備品管理クラウドの活用

クラウド型備品管理サービス、備品管理クラウドを活用すれば備品の管理ラベル発行も簡単に行えます。キングジムのラベルライター「テプラ」と備品管理クラウドのスマートフォンアプリを連携することで、備品管理クラウドに登録したアイテム情報をもとに、備品管理ラベルを印刷することができます。
また、発行された管理ラベルについているQRコードを読み取ることで簡単に備品の詳細情報の確認や、貸出の手続きなどもそこから行うことができます。

まとめ

備品管理ラベルは、備品管理を効率化するために欠かせないものです。備品管理ラベルを作成することで、業務効率化、コスト削減、セキュリティ対策などのメリットが得られます。

また、備品管理クラウドを活用することで、備品管理ラベルの発行が楽になるのはもちろん、備品管理全体を効率化することが可能です。

お気軽にお問い合わせください。