お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

Excelを使用した設備管理の課題

製造現場や施設における設備管理では、Excelを使用した台帳管理が一般的でした。しかし、Excelを使った設備管理にはいくつかの課題があります。

物品台帳の情報とメンテナンス内容の紐づけが困難

Excelを使用した台帳管理では、物品台帳の情報とメンテナンス内容を紐づけることが困難です。修理や点検の履歴を追跡するために、別途記録を行う必要があり、それによって情報の整合性が欠如する可能性があります。

更新作業に手間がかかる

Excelを使用した台帳管理では、手作業による更新作業が発生します。手作業による更新作業は手間がかかり、記入ミスや漏れが発生しやすいです。 また、修理後の台帳更新を忘れてしまうこともよくあります。これにより、台帳の情報が不正確になり、管理作業の信頼性が低下します。

過去のメンテナンス履歴の確認が困難

Excelを使用した台帳管理では、過去のメンテナンス履歴の確認が困難です。Excelでは、過去の点検や修理の履歴を追跡することが複雑であり、必要な情報を見つけるのに時間がかかります。

課題解決への一手!備品管理システムの登場

Excelを使用した設備管理の課題を解決するために、備品管理システムの導入が注目されています。備品管理システムは、物品管理台帳とメンテナンス内容を一元管理することができますので、管理作業を効率化することができます。

弊社が提供する「備品管理クラウド」などの備品管理システムでは、物品管理台帳に記載されている物品の情報にメンテナンス履歴を紐づけて一元管理することができます。修理や点検の結果を入力すると自動的に更新されるため、情報の整合性が保たれます。また、クラウドベースのシステムであるため、過去のメンテナンス履歴の確認や写真の添付、次回メンテナンスのアラート送信など、さまざまな機能が提供されます。

備品管理システムの導入により、設備管理の効率化と透明性の向上が期待されます。管理者や作業者は、より正確な情報をリアルタイムで共有し、迅速な意思決定が可能になります。

備品管理システムのメリット

備品管理システムには、さまざまなメリットがあります。

情報の生合成が保たれる

備品管理システムの導入により、情報の整合性が保たれます。
物品管理台帳の内容とメンテナンス履歴が紐づけられて一元化されるため、情報の矛盾や漏れがなくなります。

作業効率が向上する

備品管理システムの導入により、作業効率が向上します。
更新作業が自動化されるため、手間と時間を節約することができます。
修理や点検の結果がリアルタイムで反映されるため、管理者は迅速な対応が可能になります。

過去のメンテナンス履歴の確認が容易

備品管理システムの導入により、過去のメンテナンス履歴の確認が容易になります。
システム上で過去のメンテナンス記録を検索し、必要な情報を素早く取得することができます。
これにより、正確な分析や改善策の検討が可能になります。

備品管理システム導入に向けた情報収集と検討のポイント

備品管理システムの導入を検討する際には、適切な情報収集と検討が重要です。

1. 現場の課題やニーズの把握

まず、現場の課題やニーズを把握し、どのようなシステムが最適かを検討する必要があります。

2. 導入計画を立てる

次に、システムの導入計画を立てます。
導入目標やスケジュール、予算などを明確にし、関係者とのコミュニケーションを密に行います。
また、システムの導入にあたっては、トレーニングやサポート体制の整備も重要です。

3. システムの評価と改善

最後に、システムの評価と改善を行います。
導入後は、システムの利用状況や効果を定期的に評価し、必要に応じて改善を行います。
これにより、システムの持続的な活用と効果の最大化が図られます。

Excelからの脱却!設備管理の新たな展望

備品管理システムの導入により、設備管理の新たな展望が開けます。
管理作業の効率化や情報の透明性が向上し、製造現場や施設の運用効率が向上します。

さらに、正確なデータ分析や改善策の検討により、生産性や品質の向上が期待できます。
Excelからの脱却によって、設備管理の未来がより明るいものとなるでしょう。

お気軽にお問い合わせください。