お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

はじめに

近年、会社の備品をリース資産にする企業が増えています。リースには、初期費用を抑えられる、最新機器を導入しやすいなどのメリットがある一方、所有権がない、支払総額が購入より高くなるなどのデメリットもあります。

本記事では、会社の備品をリース資産にするメリット・デメリットを解説し、効率的なリース管理備品管理を実現するための方法をご紹介します。

会社の備品をリース化するメリット

会社の備品をリース化すると以下のようなメリットを得ることができます。

1 初期費用を抑えられる

リースの場合、購入時にまとまった資金を必要とせず、月々のリース料を支払うことで利用できます。これは、資金調達力の弱い中小企業にとって大きなメリットとなります。

2 最新機器を導入しやすい

リース期間満了後は、新しい機器に交換することが可能です。常に最新機器を導入することで、業務効率の向上競争力強化につながります。

3 リース料を経費として計上できる

リース料は経費として計上できるため、課税所得を減少させることができます。

4 資産管理の負担が軽減される

リース会社が資産管理を行うため、自社での資産管理の負担が軽減されます。

会社の備品をリース化するデメリット

反対に会社の備品をリース化することには以下のようなデメリットがあります。

1 所有権がない

リース期間満了後は、リース物件を返却する必要があります。

2 支払総額が購入より高くなる

リース料には金利が含まれているため、支払総額は購入より高くなります。

3 リース期間中に解約できない

リース期間中に解約すると、解約金が発生します。

4 リース会社によっては審査がある

リース会社によっては、審査基準を満たしていないとリース契約を結べない場合があります。

効率的なリース管理と備品管理を実現する方法

1 リース契約内容をしっかり確認する

リース期間、リース料、解約条件などを事前に確認し、自社にとって最適なリース契約を選びましょう。

2 リース資産台帳を作成する

リース資産の種類、数量、購入日、リース期間、リース料などを記録したリース資産台帳を作成し、資産管理を徹底しましょう。

3 リース料の支払いを自動化する

リース料の支払いを自動化することで、支払い漏れを防ぎ事務作業を効率化できます。

4 リース満了後の対応を検討する

リース満了後は、物件の返却、更新、購入などの選択肢があります。それぞれのメリット・デメリットを比較検討し、最適な対応を選びましょう。

備品管理クラウドでリース管理と備品管理を効率化

備品管理クラウドとはクラウド上で備品管理を簡単に行うことができるサービスです。

備品管理クラウドではリース資産も社内の備品と同じように管理できる上、契約期限の通知があるため、自動更新契約の見逃しが防止できます!

ぜひ、導入をご検討ください。

お気軽にお問い合わせください。