お申し込みはこちら 資料ダウンロード

コラム記事

導入

組織が効果的な資産管理を行うためには、定期的な棚卸しが欠かせません。棚卸しは、在庫管理や固定資産管理において重要なプロセスであり、正確な在庫や資産の把握を可能にします。ここでは、備品管理の観点から、棚卸しのやり方と手順について解説します。

棚卸しの重要性

備品管理における棚卸しは、以下の点で重要です。

1、正確な在庫管理

定期的な棚卸しにより、在庫の実績とシステム上のデータを照合し、正確な在庫数を把握します。

2、資産の保全

固定資産の棚卸しは、資産の保全や監査対応のために必要不可欠です。正確な資産台帳を維持することで、資産の管理と保全が行われます。

やり方と手順

備品管理における棚卸しのやり方と手順は以下の通りです。

1. 準備段階

  • 目標の設定: 棚卸しの目的や範囲を明確に定めます。
  • チームの編成: 棚卸しチームを編成し、担当者を決定します。
  • 必要な資材の準備: 棚卸しに必要な資材や機器を準備します。

2. 実施段階

  • 棚卸し作業の開始: 指定されたエリアや部門から棚卸しを開始します。
  • 備品の確認: 棚卸し作業を行いながら、実際の備品や在庫とシステム上のデータを照合します。
  • 不一致の調査: もし備品の数に差異があれば、その原因を調査し、記録します。

3. レビューと報告

  • データの確認: 棚卸し結果をレビューし、データの精度を確認します。
  • 報告書の作成: 棚卸しの結果をまとめ、報告書を作成します。報告書には、棚卸しの範囲、作業の進捗、不一致の詳細などが含まれます。

4. 反省と改善

  • 反省と振り返り: 棚卸し作業の反省点や改善点を振り返ります。
  • 改善策の実施: 問題点を改善するための策を立て、次回の棚卸し作業に反映させます。

まとめ

備品管理における棚卸しは、正確な在庫管理と固定資産管理に欠かせないプロセスです。定期的な棚卸しにより、在庫数の正確な把握や資産の保全が実現されます。正確な備品管理を目指すた

お気軽にお問い合わせください。