IT投資適正化のための診断&交渉サービス

新しい生活様式とともに、注目される企業や自治体のDX化。社会全体で急速なIT化が推し進められる中、外部のSIベンダーにシステム開発を依頼する企業や自治体が増加しています。しかし、いざSIベンダーから出てきた見積は予算よりはるかに高額であったり、自社側にシステム開発依頼の経験が少ないために金額が適切か判断できない、というケースが多くみられます。

アストロラボはこれまで数多くの企業のシステムの企画・開発・運用してきた経験を生かし、以前よりニーズの高かったシステム構築の見積の適正診断、および適正化のためのベンダー交渉をサービスとして提供しています。

SIベンダーから受けた提案が企業の要求に見合った内容になっているか、その内容に対し見積⾦額は妥当かを診断します。妥当でない場合は、SIベンダーと交渉し見積⾦額を適正な状態になるように導きます。

システム開発の価格が大きく上振れする事例と交渉ポイント

SIベンダーの見積でよくある、価格が上振れするポイントとその交渉の例です。

  • 不釣り合いなソリューションが提案されていないか
    SIベンダーから提案されたソリューションが、企業の要望や現況、および将来の展望に照らして機能や規模の面で合っているのか診断します。また必要に応じて、より適合性の高いソリューション探しをお手伝いします。
  • 見積にSIベンダーのリスクヘッジのためのバッファが過大に計上されていないか
    要件定義が曖昧なシステム開発の依頼で発生しがちな、リスク対策のために計上された費用を可視化し、適正な水準まで削減できるよう交渉します。
  • 過剰な利益マージンが上乗せされていないか
    下請けや外部パッケージなどの仕入れに対するマージンを可視化し、適正な水準まで削減できるよう交渉します。
なぜアストロラボは、SIベンダーの提案を適正だと診断できるのか

アストロラボが、SIベンダーの提案の内容と金額が適正かどうか診断できる理由は6つあります。

  1. 1
    アストロラボ自身が独立したSIベンダーであること:
    親会社または子会社、グループ会社に忖度する必要がありません。
  2. 2
    直請/下請の両方の知見があること:
    両方の立ち場でシステム開発を経験。
  3. 3
    ウォーターフォール/アジャイル両方の開発経験があること:
    どちらの開発にも対応しており、双方のスタイルの特性を理解しています。
  4. 4
    オフショア開発拠点を持っていること:
    中国やベトナムに開発拠点を持つため、オフショア開発の癖や単価を踏まえた診断が可能です。
  5. 5
    UI/UXの知見があること:
    メンバーにはユーザー体験、画面設計のスペシャリストも在籍しています。
  6. 6
    自社サービスも運営していること:
    受託開発だけでなく、ユーザーの意見を取り入れながらブラッシュアップを続けるシステム開発も経験しています。

報酬は、一部手付金を除き成功報酬型です。
「この価格、本当に適正?」SIベンダーから提示された見積に少しでも疑問を抱かれたら、お気軽にお問い合わせください

IT化・DX化による企業変革の総合プロデュース

昨今のDX化により、お客様の期待だけではなく、社員の仕事の仕方も大きく変わってきています。

ITソリューションを採用することにより、お客様のユーザー体験(UX)だけではなく、社員の動きも大きく変わってきます。

IT化、DX化によって変わる社員とお客様の動きまでを設計し、その実現のためのKPI設定や評価指標の必要性の検討から、一連の動きの妨げとなる部門間のセクショナリズムの可能性とその解決方法までを御社社員メンバーと一緒に検討し、実現するお手伝いをします。

  1. Step1
    IT化・DX化によって実現する世界観のイメージ作成
  2. Step2
    実現のために必要なITソリューションの検討・採択
  3. Step3
    導入後のお客様と社員の動きのイメージ化(新ユーザー体験/業務設計)
  4. Step4
    Step3の実現を妨げる可能性がある要素の洗い出しと対策の検討
  5. Step5
    実現後の世界観の成功を測る指標(KPI)とKPI確認のための会議体の策定
  6. ITソリューション導入
  7. Step6
    導入後のUX・業務・KPIの稼働状況の確認と調整
要件定義フローチャート

事業サービス構想

一般的な戦略の定義では、経営戦略はビジネス戦略とIT戦略から成り立っています。ビジネス戦略からIT戦略が策定される場合もあれば、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイス、IoTの登場など劇的な変化が続いているIT環境から、今日ではその逆のケースも非常に多くなっています。
アストロラボは、このようなITアイテムの活用を軸として新たなマーケット創出や既存サービスを組み合わせた新たなビジネスモデルの創出など、事業サービスに関する構想・企画の策定をご支援します。

ITクイック診断/ITロードマップ作成

貴社におけるIT環境は如何な状況でしょうか。そもそも現在のIT資産が把握できていない、経営に必要な情報が即座に取得できない、システムがスパッゲティー状態で事業や業務の変化に対応するにはコストと時間がかかる、IT資産の保守・運用のコストが肥大化、高止まりになっている、といった課題認識をお持ちでないでしょうか。
アストロラボは、現在のIT環境を見える化し、ビジネス戦略、業務課題を実現するための、効果的・効率的なIT投資はどうあるべきか、といった青写真を描く、ITロードマップ作成をご支援します。なお、まずは現状把握を進めたいというニーズに対応すべく、現在のIT環境の見える化、簡易評価などのITクイック診断もご提供しています。
また、これ以外にもITを活用した構想・企画支援に柔軟に対応しており、マネジメント体系の整備に向けたKPI設計や特定の(システム)機能に関するRFP作成支援などもご提供しています。

業務設計・情報デザイン

徹底した現行調査を踏まえ、IT投資の目的を実現するための業務フローやルールを明確にし、あるべき情報をデザインします。
アストロラボは多くの経験と実績を有する業務コンサルタントが在籍し、第3者の視点で検討します。また、多くの経験と実績を蓄積してきたことにより、要件定義フェーズ以降の作業については、アストロブラスター プロジェクト進行方法論として大部分で作業の標準化が進んでいます。

UX設計・UIデザイン

業務設計での検討をもとに、「人間が心地よくスムーズに使えるシステム」としてどうあるべきか、目指すべきUXを定義し、それを実現するUIをデザインします。アストロラボでは、デザイナーが要件定義フェーズの初期から参加し、業務要件を落とし込んだモックアップを作成してUXありきの画面構成、画面設計を進めていきます。
細かな反応や遷移などユーザーのアクションに対する動作も盛り込み、実際のものに近い情報を入れこんだ精度の高いモックアップを、触って操作をしながら検証していただきます。そのフィードバックをまたモックアップに反映していくというサイクルを何度か回してゆき、ユーザーとシステムの接点となるフロント部分を確定させます。システム開発に進む前に完成型を共有できるため、要件の認識違いや後フェーズでの手戻りの発生を大きく減らすことができます。

そして、業務システムに求められる様々なUIのパターンをストックしたデザインライブラリを独自に整備。これにより、すばやいモックアップの構築とブラッシュアップ、一貫したデザインの標準化を実現しています。また、人間中心の目線で設計されたシステムは、ユーザーがなるべく考えることなく自然と正しく扱えるようにできているため、マニュアルや教育、サポートにかかるコストも削減できます。ユーザー数の多いシステムにおいては、その効果も非常に大きなものになります。

Web開発

アストロラボは、基幹業務を中心としたアパレル向けECサイト、オンライン英会話の予約システムなどのWebシステム、ネイティブアプリ開発など各種Web開発をご支援しています。
また、基幹業務以外にもITを活用したWeb開発に幅広く対応しており、製造業のWebマーケティング、SEO対策、バス業界のB2Cサイト、アパレルのB2Cネイティブアプリの開発・保守などの多くの実績があります。

プロジェクトマネジメント

アストロラボは、プロジェクト管理方法論に基づき、プロジェクトの確実な管理運営をご支援します。これは、プロジェクト管理における基礎知識体系を定義したPMBOKの10管理エリアを統合的にカバーし、コンサルティングやIT導入プロジェクト管理の経験・知見の付加、重みづけおよびアストロブラスター プロジェクト進行方法論を考慮したものです。
多くのシステム開発経験と実績を有する業務コンサルタント、プロジェクトマネジャーが在籍し、それぞれの強みを連携してご支援します。

ITトランジション

グループとして基幹システムを中心にITライフサイクルにおける全てのステージをワンストップで提供している強みを生かし、貴社で内製あるいは他ベンダーに委託しているIT関連業務の受託サービスを提供しています。
アストロラボは、現在のIT関連機能・業務のサポート範囲、コストを見える化し、例えばシステム運用保守の受託においては、受託に向けた引継計画、文書作成、ヒアリングなどによるナレッジ・スキルトランスファー、疑似的な運用シミュレーション、実運用といった手順で引継ぎをスムーズに確実に実施していきます。