UX設計・UIデザイン

「人間中心設計のUIで実現する、業務システムにあるべきUX」

「人間中心のUX設計・UIデザイン」の特徴

デザイナーが要件定義の初期段階からプロジェクトに参画

人間中心設計に基づくUX設計、UIデザインで、ユーザーが自然に正しく使えるように誘導

アストロブラスターUIライブラリーによるデザインの標準化が容易

業務システムにあるべきUXとは?

いいデザインとは、かたち(UIの造形)ではなく、時間(体験)。 だめなUXは、ユーザーの貴重な人生の時間を無駄にする、 時間ドロボウであると私たちは考えます。
単により短い時間で目的を達成できるだけではなく、システムと接している間、ストレスなくこころよくいられること。 楽しく、使い続けたいと感じられる魅力があること。 画面の中だけの話でなく、使う人とシステムの関係性から、デザインは始まります。

使う人間を中心に考え、「わざわざ感」 あえて何かさせるような感覚ではなく、「もともと感」 そうするのを自然と感じ利用されるように設計することが、とても重要です。

独自のフロントエンド構築ライブラリ

弊社では、ユーザーインターフェースの標準化および開発の効率化のために、独自にABUI(Astro Blaster User Interface)というデザインライブラリを用意しています。レスポンシブでモバイルファーストなWebのためのHTML、CSS、JavaScriptのフレームワークをベースに、業務システムのUIに求められる様々な入力コントロールやUIパターンを備えています。

デザイン事例

アパレル事業向け 顧客管理システム

店舗販売員がお客様を接客する際に参照する、顧客詳細情報画面です。接客時にスタッフが必要とする情報は、お客様に適切な商品をご提案できるようお客様がどいったものを求めているのかという情報です。お客様の好みを知り、より多くのお買い物をして頂くための情報を一目で把握できることを目的に構成されています。

社内人事カルテシステム

本システムでは各社員の基本属性に加え、その社員のもつ経歴・家族情報・過去の評価、などの人財情報を一元管理することができます。全国のエリアマネージャーや支部統括担当者が、会議や外出先、社員面談時にタブレット端末で使うことを前提とした設計です。